エリアプッシュは、LINEクーポン/LINE予約/ラインアットの口コミ・ランキングサイトです。

アカウント掲載数:

広告掲載について

LINEで送る

台湾で大人気のかき氷専門店:アイスモンスター。1時間待ちでも並びたくなる訳

アイスモンスター (1)



台湾で人気のアイスモンスターが表参道にやってきた。連日、長蛇の列で4月29日にオープンしてから客足が衰える事がない。1階〜3階が店舗になっているのだが、着席型だった1階がスタンディング形式になるほど。そんな、注目のかき氷専門店に行ってきました。




アイスモンスターって何??




1997年に、台北にて生まれました。かき氷とソフトクリームのシンプルなメニュー構成とフワフワな氷の食感の中に濃厚な味わいが収まっています。価格帯はかき氷ながら1品1000円以上と少し高めな価格設定です。ゆるキャラテイストなロゴは、創業者のフランクさんがモデルになっているそうです。路面店舗は世界でも台湾に2店舗、北京に1店舗、そして東京に1店舗と、全部で4店舗しかないんです!(ちなみにメニューは限定されるけどポップアップショップは六本木にもあります) オープンして2ヶ月で5万人というビックリな来店数。提供しているのはそんじょそこらのかき氷じゃないんです。各フレーバーの味を凝縮させた、フレーバーアイスブロックという氷を使用!!簡単に言えば、氷自体に味がついているということだね!そのため、削られた氷もきめ細やかで、濃厚なお味がするんだとか。これは気になるぞ…。




並ぶ並ぶ。とにかく並ぶ。長蛇の列





02



夏場は10時オープンという事で、9時にお店の前に到着。すると、早くも長蛇の列。




そして、驚愕の事実。





03



混雑が激しい日は整理券制になっていて、流れとしてはまず整理券を受け取り、そこに記載されているQRコードを読み取ると呼び出し登録画面に飛ぶので、そこで呼び出し登録をして空メールを送信。そうすると所定の時間に順番呼出しメールが届くので、それが届き次第列の最後尾に並べるというシステム!!!すごい!!!実はそんなに並ばなくてもいいってこと?!





04



呼び出しは、11時30分に・・・




そこから、最後尾に初めて並ぶ事ができました。




スタンディングと着席型で並び方が違う




夏の期間中はスタンディングと座席制で列が分かれています!スタンディングだと整理券制ではなく直接列に並ぶ感じで、1階のテーブルのみの空間でフリーな感じで食べられます。お聞きしたところこの日は50分ぐらいの待ち時間ということでした。でもでも、スタンディングだと、選べるメニューが限られているんです。かき氷はマンゴー味とコーヒー味のみ。(あとはソフトクリーム)カップもテイクアウト用の紙製の物です。




整理券を受け取ってから約2時間40分。間もなく入店。




メニューは素早く決定





05



最前列まで来るとスタッフの方がメニューを渡してくれます。商品ラインナップはシンプルなのですんなり決定する事ができます。




タピオカミルクティーかき氷:1,000円





06



マンゴーかき氷:1,500円





07



イチゴかき氷:1,400円





08



コーヒーかき氷:1,200円





09



パイナップルかき氷:1,500円





10



烏龍茶かき氷:1,200円





11



マンゴー/イチゴソフトクリーム:500円





12



※一人1品注文しなければいけないので、女性だけでいかれる方は少し量が多いかもしれません。そんな方はソフトクリームとかき氷をうまくシェアでも良いかも。




やっと入店!!




カウンターで注文すると整理券を渡されて3階へ。




注文してから5分程度で運ばれてきました。




いらっしゃいませは、ハロー你好「ニイハオ」




台湾から来ただけあって、店内での店員さんに挨拶はハロー你好「ニイハオ」。スタッフの数も十分足りておりオペレーションなどに不満もなくスムーズでした。




濃厚でなかなか溶けない魔法の氷





13



注文から5分。タピオカミルクティーかき氷が来ました。一目で濃厚と分かるフワフワな仕上がり。




シロップとタピオカをお好みで。




食感はまろやか。




驚きだったのは、量が多いので食すまでに20分くらいはかかったと思うのですが・・




ほとんど溶けなかった氷。




かき氷って最後は溶けてベチョベチョ密の味が口の中に不快感と喉の乾きをもたらすイメージでしたが・・




それが全くありませんでした。




気配りに白湯





14



かき氷で冷えた体内温度を白湯が癒してくれます。細かいところですが、この気配りは嬉しいですね。御陰さまでキーンってならずにすみました。




完食。



女性一人で少し量が多いって感じでした。お味は人気を象徴するように満足いく内容でした。




まとめ




そんなわけでアイスモンスター潜入体験!してみましたが、このかき氷はお世辞抜きでほんとに美味しかったです。そして、整理券制だと意外にも並んでる感があんまりなかったです!炎天下の中で何時間も並ぶの…?!という方も安心!チャレンジする価値あると思います。




ちなみに夜の時間帯のスタンディングは時間帯によってはかなり空いていてすぐに入れることもあるので、待つのが嫌な方は夜ご飯時とかを狙って行ってみるといいのでは。




流行廃りの激しい外来飲食店ですが、アイスモンスターの人気はどこまで続くのかな?と興味が湧きました。表参道というリッチから観光食というスタンスを保ち続ける事が出来るか?が焦点になると思います。また、春先にオープンして夏場にピークを迎え冬あたりにどのようなスタンスに切り替わるのかが気になるところです。一度は話の種に足を運ぶ価値は十分にあるアイスモンスターでした。





エリアプッシュボタン1



LINEで送る