エリアプッシュは、LINEクーポン/LINE予約/ラインアットの口コミ・ランキングサイトです。

アカウント掲載数:

広告掲載について

LINEで送る

フランス流紅茶専門店で優雅にティータイム!マリアージュフレール

マリアージュフレール記事用





銀座すずらん通りを歩いていると、ここが日本であることを忘れさせてくれるような、素敵な外観の建物が見えてきます。まさにヨーロッパを想像させるオシャレな外観。こちらがフランス流紅茶専門店〝マリアージュ フレール〟です。銀座店は日本での1号店なのです。こちらでは、紅茶はもちろん、紅茶を使ったお食事やスイーツも楽しめるとのこと。そんな噂を耳にして、早速行ってきました!銀座で優雅にtea time!




ただの紅茶専門店ではありません!フランス流紅茶専門店なのです!




“フランス流紅茶”と聞いて、「???」と思われる方も多いことでしょう。紅茶といえばイギリス!というイメージがありますよね?ですが、実はフランスにお茶が伝わったのは1636年。イギリスに伝わったのは1650年と、若干フランスの方が早く伝わっていたのです。




当時、太陽王ルイ14世がフランスでいち早くお茶を愛好しました。なぜなら、病気だったルイ14世は医師たちに、「消化の助けになる」「体に良い」などと言われ、お茶を処方されたからです。それからルイ14世は、お茶を毎日飲んだと言われています。




とは言え、当時のフランスでは、お茶はとっても高級品だということで、貴族の中でも限られた人しか飲むことが出来なかったそうです。というわけで、今でもイギリスとフランスのお茶の楽しみ方は違うんだとか。そんな歴史ある高級感溢れたフランス流紅茶の専門店が〝マリアージュ フレール〟なのです!




マリアージュフレール、本店はパリ!銀座は日本1号店!





01



今では、世界中に店舗を構える老舗フランス流紅茶専門店〝マリアージュ フレール〟。こちらの本店は、フランス・パリにあります。パリには5件の専門店があるのです。




そして、〝マリアージュ フレール〟の日本1号店は銀座にあります。1988年に設立されました。その後、各地に店舗展開をしていき、いつしか大人気のフランス流紅茶専門店となりました。




1Fはブティック、自分の好みの紅茶を見つけましょう




銀座店の1Fは、紅茶葉や茶器を販売しているフロアとなっています。どうやら噂によると、店内はパリ本店と同じような“植民地風”の作りなんだとか!ただし1Fは写真撮影NGだったため、店内の雰囲気を写真でお伝えすることは出来ませんが、お店へ入るとすぐには、たくさんのティーポットが販売されていました。ティーポットはどれも個性的なものばかり!そして、お店の奥には、大きな缶に入った、物凄い種類の紅茶が店内奥にずらーっと並んでいました。その数500種類!種類が多すぎて、決めるのも難しそうですよね。




2~3Fはティーサロン(カフェ)、紅茶料理が味わえます





02



2~3Fはティーサロン(カフェ)となっており、こちらでは、紅茶葉を使った数々の料理が楽しめます。店内は白と薄い黄色を基調としており、あらゆるところに絵が飾られていました。店員さんは白のスーツを着ており、お客さんへの気配りが素敵で、なんだか執事のようなイメージでした。紅茶の種類について聞くと、とっても丁寧に教えてくださいます。




今回私は、雨の日の平日の14:00すぎに訪れました。お客さんは2組ほど。店内はとっても厳かな雰囲気。大声は決して出せないような雰囲気です。(そもそも大声なんて出さないと思いますが!笑)




紅茶の種類がびっくりするほど豊富です!





03



こちらのカフェで提供される紅茶は、なんと35か国の500種類もの種類があります!これだけあると、何が何だか分からなくなりますよね~。(笑) ですが、気軽に店員さんに聞いてみましょう!丁寧に教えてくださいますので!ちなみに、お一人様1ポット以上の注文が必須となります。




お食事も美味しそうです!





04



紅茶だけでなく、紅茶葉を使ったお食事メニューもさまざまです。サンドイッチや軽食系などもあります。ランチタイムには、前菜orスープ、お好きなメイン、お好きな紅茶、お好きなデザートを選べるランチティーというセットなども用意されています。今回は紅茶とデザートをいただき、お食事はしませんでしたが、お食事はどれも本当に美味しそうなものばかりでした。ちなみに今回いただいたメニューはこちら!




紅茶は2種類、“マルコ ポーロ”と“ボレロ”





05



今回紅茶は2種類いただきました。(紅茶は2種類とも似ているので、写真は“ボレロ”のみです。)紅茶のお値段は¥950~。1ポットで約3杯分くらいの量だと思います。、“マルコ ポーロ”も“ボレロ”も、どちらも¥950でした。




デザートは“壮麗なるチベットの王冠”





06



デザートは一つ。1日数量限定とされるデザート4種類の中から選びました。私が選んだのはこちら。“壮麗なるチベットの王冠”。名前が凄いで!一番人気の紅茶“マルコ ポーロの葉を使ったクレームブリュレに、アールグレイ インペリアルという紅茶の茶葉を使ったマドレーヌを添えています。お値段¥1,150。ちなみに、ショーケースに入った日替わりのケーキを選べるメニューもありました。




ジパングでは非日常的?!とっても上品で高級な味!





07



今回いただいた2種類の紅茶は、どちらも全然違う味わいでした。“マルコ ポーロ”はフルーツと花の紅茶で、とても飲みやすく一番人気のメニューだとか。ベリー系の甘いフレーバーティーでした。“ボレロ”もまた飲みやすいとのことで、ピーチとマンゴーのフルーティーな紅茶でした。どちらも本当に香りがよく、香りだけでとっても癒されます。“マルコ ポーロ”は、砂糖をいれていないのにほんのり甘く、とても飲みやすかったです。“ボレロ”の方は、フレーバーティーというだけあって特に香りが良く、甘さは控えめ。ですが渋みもなく、さっぱりとした味わいでした。どちらかというと、私は“マルコ ポーロ”派です。




“壮麗なるチベットの王冠”という名のクレームブリュレは、主張しすぎずほんのり香る茶葉が何とも言えず、ブリュレの良いエッセンスとなって最高でした。よくある紅茶のスイーツとは全く別物!非日常的で高級な味でした。添えてあるマドレーヌは、アールグレイの香りが高く、甘いけど食べやすい濃厚なものでした。とっても美味しかったです!!これには東方見聞録を口述した“マルコ・ポーロ”もびっくりな一品です!!!




イギリスの紅茶が日常的なものなのであれば、フランスの紅茶は、まさに芸術と言ってもいいでしょう。とっても素敵な香りと味わいの紅茶が楽しめました。紅茶好きの方にはたまらないお店です。ぜひ、皆さんも銀座に立ち寄った際には、心と身体を休めに〝マリアージュ フレール〟へ行ってみてくださいね!



エリアプッシュボタン1

LINEで送る