エリアプッシュは、LINEクーポン/LINE予約/ラインアットの口コミ・ランキングサイトです。

アカウント掲載数:

広告掲載について

LINEで送る

パリ随一のパン職人発!世界初ヴィエノワズリー専門店:リチュエル

リチュエル記事用





2015年8月21日、フランス・パリで随一のパン職人:クリストフ・ヴァスールさんが、ヴィエノワズリー専門店:リチュエル パー クリストフ・ヴァスール(RITUEL par Christophe Vasseur)を、東京・自由が丘にオープンさせました。なんと今回、クリストフ・ヴァスールさんが手掛ける海外店舗はこちらが初めて!オープン前からSNSなどで話題のヴィエノワズリー専門店。ということで、オープン当日、早速行ってみました!




そもそも〝ヴィエノワズリー〟とは?!





ヴィエノワズリー



〝ヴィエノワズリー〟こちらはあまり聞きなれない言葉だと思います。実はこれ、『菓子パンの総称』のことを言うのです。生地には、イースト発酵したパン生地または、ペイストリー生地を使っており、卵やバター、砂糖、牛乳などを使って甘く仕立てたもの。フランスでは多くの人から愛されているのです!朝食の定番とも言われています。




そんなフランスで大人気のヴィエノワズリー、世界初の専門店が、東京・自由が丘にオープンしたのです。




パリで最優秀!随一の職人:クリストフ・ヴァスールさん





クリストフ・ヴァスール



1967年生まれのクリストフ・ヴァスールさん。フランスの伝統的な製パン技術を、独学で自身の理想を基に研究し、2002年、パリにブーランジェリー(:フランス語でパン屋)をオープンさせました。その名も「Du Pain et Des Idées (デュ・パン・エ・デジデ)」。こちらはフランスで、絶大な人気を誇るブーランジェリーなのです!




デュ・パン・エ・デジデは、フランスで大きな影響力を持つと言われているグルメガイド『Pudlo(ピュドロ)』にて、“ブーランジェリー・オブ・ザ・イヤー2012” を受賞するなど、数多くの賞を受賞しています。そのため、クリストフ・ヴァスールさんは、パリ随一のパン職人とも言われているのです!




2015年8月21日、オープン初日のリチュエルに行ってみた!





リチュエル



リチュエルオープン初日の8月21日(金)の15時過ぎ、私は足を運んでみました。外観はスタイリッシュな雰囲気の建物で、3Fまであります。一見パン屋には見えません。ですがよ~く見てみると・・・1Fでパンを作る作業をしている人たちが見えました!




実はこの建物、来年25周年を迎える、ベイクルーズ運営のセレクトショップ「イエナ」がオープンさせた、「メゾン イエナ」というショップの建物なのです。こちらの建物は、1Fの半分が小物やアクセサリーなど、2Fはレディース、3Fはレディース&メンズのフロアとなっています。その1Fに、ヴィエノワズリー専門店:リチュエルが併設されているのです!ちなみに3Fにはテラスもありました。




オープン初日、待ち時間は?!





オープン初日、待ち時間



オープン初日は8/21(金)。15時過ぎに訪れましたが、特に行列ができているとかでもなく、思ったほど混んではいませんでした。店員さんの数も多く、購入時も特に並んだりすることはなかったので、とてもスムーズにお会計ができました。



大人気のヴィエノワズリーが5種類!





ヴィエノワズリーが5種類



パリでも大人気のヴィエノワズリーが、店内には5種類立ち並んでいます。人気なのはエスカルゴとクロワッサン。




エスカルゴとは、渦巻き型のヴィエノワズリー。生地はクロワッサン生地で、自家製のカスタードと、種類によってさまざまなものを組み合わせて作られたものです。外はサクサクとしていますが、中はもちもちなのが特徴です。エスカルゴにも、5種類もの種類がありました。どれにするか悩んでしまいましたが、店員さんに説明を受けながら、早速注文してみました!店員さんはとても親切で優しい方ばかりです。




エスカルゴ ショコラ・ピスターシュ





エスカルゴ ショコラ・ピスターシュ



こちらは本場パリで、エスカルゴの中でも一番人気のメニュー。有機チョコレートとピスタチオペーストが入っています。お値段は¥690。




エスカルゴ マングー・ヴァニーユ





07



こちらは日本限定メニュー。有機ドライマンゴーと有機バニラビーンズが入っています。お値段は¥790。




クロワッサン





クロワッサン



クリストフ・ヴァスールさんの考える美味しいクロワッサンの条件とは、“裏側”に隠されているとのこと。火がしっかり入ったかどうか、裏側を見て見極めるそうです。焼き方と食感にこだわられたクロワッサンは、他のどんなお店へ行っても味わえないものです!お値段は¥490。




素材にも大きなこだわりが!




クリストフ・ヴァスールさんは、ヴィエノワズリーの素材にもかなりこだわっています。何と言っても、最高品質の有機素材を使用しているのです!




バターには、フランスの農業コンクールで毎年多くの賞を受賞している、風味豊かなA.O.C.バターを使用しています。フランスから直接仕入れます。こちらはクリストフ・ヴァスールさんが、パリのお店でも愛用しているとか!他にも、北海道産有機小麦粉、山梨県の黒富士牧場産の卵、千葉県の大地牧場の牛乳を使用しています。できるだけローカルにこだわって素材選びをしているそうです。




さて、気になるお味の方は?!





お味は?



1Fで買ったパンは、今回は3Fにあるテラスに持って行って、そちらでいただきました。とても気持ちが良いです。




気になるお味の方ですが・・・エスカルゴの方は、生地がデニッシュに似たような感じのもので、とてもサクサク!中はとモチモチとしており、とても美味しかったです!!パリで1番人気のショコラ・ピスターシュは、チョコレートとピスタチオペーストがたっぷり!ちょっと甘めですが、人気の理由が分かりました。日本限定のマングー・ヴァニーユは、ドライマンゴーがたっぷり。わりとさっぱりとした味わいで、甘さもほどよく、私は個人的に1番好きでした。クロワッサンの方は、タイミング良く焼きたてを購入しました。ほんのり温かくて、ちぎろうとすると、生地が伸びるくらいふわふわでもちもち!感動的でした。




ちょっと割高?!




ヴィエノワズリー自体、少し割高な気がしました。1つ¥450から1番高いもので¥790。5種類のエスカルゴは、¥690〜790でした。こだわった素材に製法にもこだわられたヴィエノワズリー。お店の場所も自由が丘と、少し高くても仕方ないのかもしれません。ですが、パンにしては少し高いのでは?!という印象を受けました。




クリストフ・ヴァスールさんとの貴重な1枚





クリストフ・ヴァスール



オープン初日ということで、なんとオーナーのクリストフ・ヴァスールさんが、特別に来日されていました!!厨房にいるクリストフ・ヴァスールさんを撮っていると、ノリ良くポーズを決めてくださり、そして試しに、一緒に撮ることをお願いしてみると、わざわざ厨房から出てきてくださったのです!とってもノリが良く、気さくな方でした。記念に1枚撮っていただいちゃいました!(笑) これは貴重な1枚です!!




正直、パンにしては少し高めですが、味には大満足!決して他では味わえない、上品で魅力的なものでした。朝食や、少し小腹が空いたときなどにオススメですよ!皆さんも話題のニューオープンのこちらのお店、是非行ってみてください!!





エリアプッシュボタン1



LINEで送る