エリアプッシュは、LINEクーポン/LINE予約/ラインアットの口コミ・ランキングサイトです。

アカウント掲載数:

広告掲載について

LINEで送る

こんなところに行列?!知る人ぞ知る、オモテサンドウコーヒー

オモテサンドウコーヒー記事用



皆さんは表参道の住宅街に、古民家があるのはご存知でしょうか?実は、今からご紹介させていただく古民家はただの古民家ではありません。知る人ぞ知る、表参道のコーヒースタンドなんです!口コミをもとに、早速足を運んでみました!




オモテサンドウコーヒーって知ってます?





オモテサンドウコーヒー入口



東京メトロ「表参道駅」A2出口から歩いて約5分。とんかつ まい泉のちょうど裏手にあたるこちらのお店。Googleマップを駆使しても、なかなか分かりにくいとても静かな住宅街の中にあります。正直お店というより、一見古くからある古民家です。本当にこんなところにコーヒースタンドなどあるのでしょうか?





オモテサンドウコーヒー表札



と思ってよく見てみると・・・『OMOTESANDO KOFFEE』と書かれた、黒くて小さな枠のような形をしている目印があります。目印というより看板と言った方が正しいのでしょうか?とにかく小さめな看板のようなものが置いてあります。そして、入口を覗いてみると・・・たくさんの人が並んでいるのです!ひっそりと佇む古民家に、まさかこんなに行列が出来ているとは、とても驚きでした!




“OMOTESANDO KOFFEE”の由来




普通、コーヒーは“COFFEE”と書きますよね。ですが、こちらのコーヒー店の表記は“KOFFEE”。頭文字は“C”ではなく“K”なのです!なぜ“K”なのでしょうか。




その理由は2つ。1つ目は、國友さんのイニシャル“K”から。そしてもう1つの理由は、『KIOSK(キオスク)』の“K”から。2つの“K”を掛け合わせ、“KOFFEE”にしたとのこと。キオスクって、JRにあるコンビニを想像してしまう方もきっと多いですよね。実はキオスク、売店全般という意味を持ちます。なので、そういった理由からお店の由来になっているのです。




古民家がコーヒースタンド?!





オモテサンドウコーヒー縁側



古民家の入口を入ってみると、少し抵抗はありますが靴のまま縁側へあがります。古民家の和室をリノベーションした、こじんまりとしたコーヒースタンドとなっているのです。古民家の庭には、二人用のベンチが2台用意されているため、そちらで購入したコーヒーを飲むこともできます。




建物の老朽化により建て壊しが予定されていたため、もともとは1年間の期間限定ショップだったとか。ですが、多くのファンの熱烈なご要望により、現在も営業を継続しています。




店主はお一人!





オモテサンドウコーヒー店主



店主は國友栄一さん。お一人で営んでいるのです。一人一人の目を見てしっかりと注文を受け、丁寧に作り上げていきます。店主の「いらっしゃいませ」と「ありがとうございます」は、とても穏やかな笑顔でこちらを見て言ってくれるので、なんだかとっても温かい気持ちになれました。




ちなみに國友さん、実は表参道で大人気のベーカリー『パンとエスプレッソと』を手がけた名バリスタなのです。もともとは大阪で活動をされていましたが、『パンとエスプレッソと』を手がけることがきっかけで、活動場所を東京に移したとか。その後は運営から離れ、新たにコーヒースタンドを表参道にオープンさせたのです。




行列が絶えない!!





オモテサンドウコーヒー行列



私がこちらに訪れたのは、月曜日の14:30頃。その時の先客は17人ほど。一人ずつ丁寧に作っているため、注文から受け渡しまで、一人当たり大体2~3分かかります。なのでこの日は、35分程並んで私の順番が来ました。もちろん、私の後ろにも次々とお客さんが並び出し、行列が絶えることはありそうにない様子でした。




表参道で味わえる“極上コーヒー”





オモテサンドウコーヒー



表参道と言ったら、スターバックスのようなチェーン店も数多くありますよね。もちろんそういったコーヒー店も素敵です。ですがこちらのお店には、本当に風情があり、チェーン店などでは決して味わうことが出来ないものが楽しめるのです!それはまさに“極上コーヒー”!デートの時、友達とお買いものしている時など、もし、こんなにも素敵な極上コーヒーが味わえるお店を知っていたら・・・かなり自慢できますよね!




メニューはHOTとICEDとKASHI!




メニューはシンプル。注文台にやってきて、初めてメニューを目にします。“HOT KOFFEE”は10種類、“ICED KOFFEE”は9種類。そして、“KOFFEE KASHI”が2種類。




“KOFFEE KASHI”とは、その名の通り、コーヒー菓子。2種類と言っても、1個売りか5個セット売りかの2種類になります。こちらのコーヒー菓子、コーヒーをより美味しく楽しむために作られた〝ベイクドカスタード〟のこと。3.5センチの立方体に凝縮された、1粒の甘いお菓子なのです。




一番人気メニューを注文してみた!




店主の國友さんに一番人気メニューをお聞きしました。すると、しっかり目を見て、丁寧に教えてくださいました。最近はサービスに徹底しているお店も多いですが、それとはまた一味違う、なんとも言い難い、温かな優しい気持ちになれます。そんな中、一番人気のメニューを注文してみました。




アイス・カプチーノ




こちらが一番人気のメニュー、アイス・カプチーノ。エスプレッソとミルクをシェイクして泡立てたもの。お値段は¥560。




心温まる極上コーヒー




今回私は、一番人気のアイス・カプチーノをいただきました。「お砂糖は入れますか?」と聞かれましたが「不要です」と答えました。ですが一口飲んでみると・・・とってもクリーミーで泡がやわらかく、ミルク感が多いせいか、ほんのり甘かったのです!!ミルクの奥に溢れるコーヒー感が、何とも言えない深い味わいでした。ボリュームもあり飲みごたえ抜群です!大満足です。




今回は“ICED KOFFEE”だったので、もちろんコーヒー自体は冷たいです。ですが國友さんの人柄や雰囲気、そして、穏やかな笑顔と丁寧さに、とっても心が温まるコーヒーをいただくことができました。皆さんもぜひ、表参道の極上コーヒーを味わいに、そして癒されに行ってみてください。きっと心が温まりますよ。





エリアプッシュボタン1



LINEで送る